安いBTO

人気のBTOショップ


ドスパラ

【ゲーム専用モデルなど高機能PCも豊富】
用途に合わせて特化してある、パソコンのラインナップが豊富で目的に合わせて選びやすい。高機能PCはもちろん、低価格に抑えたネット専用モデルなども。デスクトップだけでなく、ノート型のゲームパソコンもあり選択肢が豊富という点でも魅力のあるショップ。



サイコム

【BTO通販の専門ショップ】
パソコンのパーツを選んで発注するBTOの中では信頼性とサポート力で人気のあるお店です。法人・教育機関などへの納入実績も豊富です。そのため、堅い印象を受けますが、ゲーム専用モデルや静音モデルなどもあり、個人で注文する場合でもメリットは大きい。



パソコン工房

【初心者でも選びやすい】
目的別にある程度パーツ構成ができたモデルが用意されていて、はじめてのBTOの方にとっても分かりやすいのが特徴。電話サポート付きのモデルなど、高価なメーカー製パソコンのような購入プランもあります。


BTOパソコンはなぜ安い?

BTOとは「Build to Order」の略で、車やPCなどでよくお目にかかるやり方です。

 

現在、PCは規格が統一されていますので、ある程度の部品を組み合わせてやればかなり自由に機能を選ぶことができるようになっています。

 

であればパーツを買ってきて自作しても良いのですが、それでは不安も残りますしある程度以上のPC知識が求められます。

 

自分好みのPCを使いたいけど、自分でカスタマイズ出来るほどのスキルはない、保証が欲しいという人にオススメなのが、各種PCショップやメーカーが提供しているBTOパソコンのサービスです。

 

BTOパソコンの特徴として外してはいけないのが、通常のメーカーパソコンに対する安さでしょう。

 

PCというものは、機能を盛り込もうと思えばいくらでも盛り込める一方、シンプルにしようと思えばかなりシンプルに仕上げることも可能な道具です。

 

当然の話しとして機能が増えれば増えるだけコストは増して行きますから値段は上がっていきますし、シンプルに組めば値段も相応に下がります。

 

日本のPCメーカーの販売するPCはどうにも、あれもコレもと機能を詰め込んだ総花的な物になりやすく、普段使わないような機能満載で値段が高いということになってしまいがちです。

 

特に余分なソフトやアプリは地味に値段を引き上げている存在ですが、使わない人にとっては邪魔なだけだったりします。

 

その点BTOパソコンは、自分の用途に合わせた最低限の構成に出来ますので、当然の帰結として値段も安く出来るということなのです。

 

別の言い方をすれば値段の割に性能が良いとも言えます。


安いBTOパソコンを比較

現在、BTOパソコンを販売しているショップ・メーカーは多数ありますが、そのラインナップにも実に色々な価格帯があります。

 

最安値で探していくと、ほぼ必ず引っかかるのが「マウスコンピューター」のBTOパソコンです。

 

AMDのデュアルコアCPUとメモリ2GB、HDD500GBというような構成でOS無しであれば、3万円を切るラインから購入できるのはまさに「安いBTOパソコン」そのものと言えるでしょう。

 

OS含めても3万円台半ばであり、正直ネットと基本的なアプリケーション、ちょっとしたゲームをやるぐらいだったらこのPCで充分すぎるほどです。

 

ネット端末と割り切るなら、同じく3万円を切るモデルが存在するネットブックも良いでしょう。

 

通常サイズのノートでも4万円台から購入できるのはBTOならではといえます。

 

逆にゲーム性能をしっかり押さえたPCなどもラインナップにはありますので、ただ安いだけでなく、必要な機能は押さえた上で「お得」なPCも探せます。

 

同じくBTOブランドとして有名なのが「ドスパラ」です。

 

元々はPC、PCパーツショップだったのですが、かなり前からBTO手がけるようになった老舗の一つです。

 

こちらも、AMDデュアルコアCPU、メモリ4GB、HDD500GBという構成で3万円頭からラインナップが存在します。

 

とにかく必要最低限のシンプル構成で、安くPCを購入したい場合には心強い候補となるでしょう。

 

Atomプロセッサのネットブックであれば2万円台からありますので、最低限のネット端末が欲しいという場合、「マウスコンピュータ」と「ドスパラ」の二つは外せないでしょう。

 

最安値という点ではこの2つのブランドが目立ちますが、メーカー直販で信頼性とパフォーマンスと価格のバランスが秀逸なBTOとしてはHP(ヒューレット・パッカード)が挙げられます。

 

好みと用途に合わせてよく比較してみると良いでしょう。