安いBTOパソコン通販ガイド

人気のBTOショップ


ドスパラ

【ゲーム専用モデルなど高機能PCも豊富】
用途に合わせて特化してある、パソコンのラインナップが豊富で目的に合わせて選びやすい。高機能PCはもちろん、低価格に抑えたネット専用モデルなども。デスクトップだけでなく、ノート型のゲームパソコンもあり選択肢が豊富という点でも魅力のあるショップ。



サイコム

【BTO通販の専門ショップ】
パソコンのパーツを選んで発注するBTOの中では信頼性とサポート力で人気のあるお店です。法人・教育機関などへの納入実績も豊富です。そのため、堅い印象を受けますが、ゲーム専用モデルや静音モデルなどもあり、個人で注文する場合でもメリットは大きい。



パソコン工房

【初心者でも選びやすい】
目的別にある程度パーツ構成ができたモデルが用意されていて、はじめてのBTOの方にとっても分かりやすいのが特徴。電話サポート付きのモデルなど、高価なメーカー製パソコンのような購入プランもあります。


安いBTOのチェックポイント

安くて性能が比較的良いという話のBTOパソコンですが、それだけに「お任せ」ではダメな部分も多々あります。

 

メーカーPCはともかく、他のBTOに比べてもぐっと安いBTOパソコンは、安いと飛びつく前にいくつか確認すべき点があります。

 

まず「基本性能を削りすぎていないか」です。

 

PCの基本的な性能を決めるのはCPUとメモリの量・質です。

 

CPUは純粋な処理速度を決定しますし、メモリの量は作業領域の広さ=同時にどれだけのソフトを動かせるかを決定します。

 

ゲームやグラフィックソフトなんかだと、グラフィックボードに処理を大きく移しているものもあるのですが、多くのソフトはまずCPUの処理で動きますので、CPUの性能が全体的な速度に直結します。

 

しかし、CPUもメモリも上位のものはそれなりの値段がしますので、安いBTOだと密かにグレードダウンして値段を下げている場合が見られます。

 

特に、パッと見の処理速度に現れないメモリ容量は最低限しか詰んでいない場合がよくありますので、実際の使い勝手を考えたら良くよく注意してみておく必要があります。

 

次に「拡張性を削りすぎていないか」です。

 

CPUやメモリはある程度の幅でマザーボードの種類、プラットフォームに縛られます。

 

ある程度の性能のCPUを積んでいても、そのCPUを搭載できるギリギリの古さのプラットフォームを使っていると、それ以上CPUをアップグレードすることが出来ません。

 

また、マザーボードの値段を左右する要素として、メモリソケットの数や最大メモリ量、E-PCIなど各種バスの数というものがあります。

 

「拡張やアップグレードなんてしない!」という人は問題ありませんが、ある程度新しくしながら使いたいという人は要注意です。


安いBTOのチェックポイント記事一覧

安いBTOパソコンで大丈夫?

いくら安くても「使えるPC」で無ければ意味がありません。安いBTOでも大丈夫かどうかを決めるのは結局、「用途に合っているか」です。安いには安いなりの理由があるもので、BTOパソコンの場合、必ず何かを削ることで安値を実現しています。削る部分がいらない部分なら問題ないのですが、必要としている能力・機能だ...

≫続きを読む

 

安いBTOパソコンおすすめの用途は?

「安い」ということを売りにしているBTOパソコンは、機能的にいくつかの特徴を持っています。ひとつは「CPUやメモリといった基本性能を最低限にしてある」ということ。CPUは単純に新しいものほど高く、性能が良いものほど高くなります。しかし、どれだけ高いCPUを積んでも、性能の全部を常に使っているわけでは...

≫続きを読む

 

安いBTOパソコンは性能が悪い?

安物買いの銭失いという言葉がありますが、安さで目を惹くBTOパソコンもまた安物で性能が悪いのでしょうか?これに対する答えは、「パソコンに何を求めるか」で大きく変わってきます。パソコンというものは非常に多岐に渡る用途をもっている汎用機ですので、一概に「性能が高い低い」というよりは、「求める性能を満たし...

≫続きを読む