安いBTOパソコン通販ガイド

人気のBTOショップ


ドスパラ

【ゲーム専用モデルなど高機能PCも豊富】
用途に合わせて特化してある、パソコンのラインナップが豊富で目的に合わせて選びやすい。高機能PCはもちろん、低価格に抑えたネット専用モデルなども。デスクトップだけでなく、ノート型のゲームパソコンもあり選択肢が豊富という点でも魅力のあるショップ。



サイコム

【BTO通販の専門ショップ】
パソコンのパーツを選んで発注するBTOの中では信頼性とサポート力で人気のあるお店です。法人・教育機関などへの納入実績も豊富です。そのため、堅い印象を受けますが、ゲーム専用モデルや静音モデルなどもあり、個人で注文する場合でもメリットは大きい。



パソコン工房

【初心者でも選びやすい】
目的別にある程度パーツ構成ができたモデルが用意されていて、はじめてのBTOの方にとっても分かりやすいのが特徴。電話サポート付きのモデルなど、高価なメーカー製パソコンのような購入プランもあります。


安いBTOパソコンで大丈夫?

いくら安くても「使えるPC」で無ければ意味がありません。

 

安いBTOでも大丈夫かどうかを決めるのは結局、「用途に合っているか」です。

 

安いには安いなりの理由があるもので、BTOパソコンの場合、必ず何かを削ることで安値を実現しています。

 

削る部分がいらない部分なら問題ないのですが、必要としている能力・機能だったのでは本末転倒です。

 

最新のゲームがしたいならばグラフィック機能を削ってはいけませんし、逆に業務用と割り切るならグラフィックを削ってHDD容量などにこだわったほうが良いでしょう。

 

サーバー的な使い方やWEB使用が中心なら、CPU性能はそこまで求められないので多少低機能の物でも大丈夫でしょう。

 

豊富なソフトは一切必要なく、OSもUbuntuなどのオープンソースを入れるとなれば、HDDの中身は真っ白でOKということになります。

 

こちらが求める能力と、削った部分がうまくずれていてくれれば「安くて使えるPC」となるでしょうし、バッティングしていたら「安いだけのヘボPC」となります。

 

また、極端に安いBTOパソコンの場合、保証関係も気にしておきたいところです。

 

パーツそのものの耐久性や信頼性はメーカーPCもBTOも自作も変わらないのですが、自作やBTOの場合、値段を下げただけパーツ信頼度も多少下がるのは覚悟しなければいけませんし、どうしても「相性」という問題が出てきます。

 

故障などを抜きにしても、動作に問題が出ている場合や想定しているスペックとひどく隔たりがある場合に、どういった保証が受けられるのかを気をつけておく必要があります。

 

勿論、保証もコストのかかる話ですので、保証自体がオプションになっていることも有ります。