安いBTOパソコン通販ガイド

人気のBTOショップ


ドスパラ

【ゲーム専用モデルなど高機能PCも豊富】
用途に合わせて特化してある、パソコンのラインナップが豊富で目的に合わせて選びやすい。高機能PCはもちろん、低価格に抑えたネット専用モデルなども。デスクトップだけでなく、ノート型のゲームパソコンもあり選択肢が豊富という点でも魅力のあるショップ。



サイコム

【BTO通販の専門ショップ】
パソコンのパーツを選んで発注するBTOの中では信頼性とサポート力で人気のあるお店です。法人・教育機関などへの納入実績も豊富です。そのため、堅い印象を受けますが、ゲーム専用モデルや静音モデルなどもあり、個人で注文する場合でもメリットは大きい。



パソコン工房

【初心者でも選びやすい】
目的別にある程度パーツ構成ができたモデルが用意されていて、はじめてのBTOの方にとっても分かりやすいのが特徴。電話サポート付きのモデルなど、高価なメーカー製パソコンのような購入プランもあります。


安いBTOパソコンおすすめの用途は?

「安い」ということを売りにしているBTOパソコンは、機能的にいくつかの特徴を持っています。

 

ひとつは「CPUやメモリといった基本性能を最低限にしてある」ということ。

 

CPUは単純に新しいものほど高く、性能が良いものほど高くなります。

 

しかし、どれだけ高いCPUを積んでも、性能の全部を常に使っているわけではないので、カットできるといえばカットできる部分です。

 

メモリも同じく、「多くのソフトや重いソフトの動作に耐えられる余裕」ですので、軽いソフトしか使わないのであれば無駄といえば無駄になる部分です。

 

このため、この二つは必要最低限に抑えられていることが多い代表格です。

 

もう一つは「グラフィックボードやサウンドカードを積んでいない」ということ。

 

どちらも映像や音楽のクオリティを上げる目的で装備されるものですから、コスト重視なら真っ先に切り捨てられます。

 

大体はマザーボードでグラフィック・サウンド機能統合されているものが使われるでしょう。

 

以上を考えて、「安いBTOパソコン」に向いた用途は、「WEB端末」としての利用か、「データ溜め込み用・データサーバ」としての利用です。

 

WEBブラウジングやダウンロードをするだけでしたら、高い性能は必要なく、外付けの大容量HDDなどをつないでやればデータ容量は充分です。

 

どの道回線という制限が先にありますから、PC性能が問題になることはあまりありません。

 

(時々理不尽に重たいFlash多用ページには出くわしますが)若しくは文書作業中心のPCとしても良いでしょう。

 

シンプルで低性能ということはそれだけ消費電力も少ない傾向がありますので、負荷はそれほどでなくても長時間使いたいという用途には向いていると言えるでしょう、


安いBTOパソコンおすすめの用途は?関連ページ

安いBTOパソコンで大丈夫?
安いBTOパソコンは性能が悪い?